2009年3月 7日
手作りはおいしいですよ♪

こんにちは 大井町のエステサロン フローラの久保安代です。
 
みなさん、お味噌汁って最近飲んでますか?
 
一人暮らしの女性の方は、「あまり作ってみよう」って思うことも
少ないのではないでしょうか?コンビニなどでも色々な種類の
お味噌汁も売っていますからね・・・。
 
わたしは、お味噌を作っています。
 
え?! お味噌って作れるの?って思われる方もいるでしょうね。
 
結構手間がかかりますけど、自分の好きなお味噌汁の味に
出来るので、チャレンジしてみるのもありかと思いますよ。
 
昔はどこの家庭でもオリジナルのお味噌をお作っていましたから、
少し年配の方なら作り方をご存知かもしれません、まずは、お母さんに
聞いてみてくださいね。「手前味噌」という言葉があるくらいですから・・・。
 
誰も知らないって方に、簡単な作り方のレシピをご紹介します。
 
お味噌の材料 (出来上がり5kg) 1年分くらい
 
・大豆 (出来れば国産) 1.3kg
・米麹 1.3kg
・自然塩 500g
 
完成までの期間:約 9ヶ月
 
①まず下準備として、大き目のナベに、洗った大豆を一昼夜水に浸します。
 水の量は大豆の3倍くらい。水道水はあらかじめ汲み置きしておきましょう。
 
②1日たったら、そのまま大きめのナベに入れ弱火でコトコト8〜10時間煮ます。
 指で軽くつまんでつぶれる状態になればOKです。そして、そのまま一晩置いて
 おきます。煮汁から出た大豆の「うまみ」を豆が再び吸収してさらにおいしく
 つやのあるアメ色に仕上がります。
 
③大豆を煮ている間に、麹の塩きりをします。塩きりとは、塩と麹を混ぜる作業です。
 ボールに米麹と塩を入れ、手のひらでもみほぐすように全体を均一にします。
 麹が一粒一粒がパラパラになったらOKです。
 
④網目のおたまとすり鉢、すりこ木を用意します。
 そして、煮込んで一晩置いた大豆をもう一度20〜30分火にかけて下ろします。
 網目のおたまで大豆をすくいますが、この時さっと持ち上げて煮汁が切れた
 瞬間にすり鉢に大豆を移します。
 ※ここが重要なポイント!水分が多すぎても少なすぎてもいけません。
 
⑤熱いうちにすりこ木でつぶします。
 最初はすりこ木の先で押すように、全体がつぶれたらこねるように
 するとうまくいきます。少々大変ですが頑張りましょう。
 必要以上にきめ細かくする必要はありません。少しつぶが残っている
 くらいで十分です。
 ※この作業を7〜8回繰り返します。
 
⑥鍋の中の豆をすべてすりつぶしたら、準備しておいた麹と塩を加え、
 よく混ぜ合わせ、手の平で野球ボールくらいの大きさに丸くします。
 このとき、なるべく空気を抜く感じで形を整えてください。
 
⑦仕上げの工程です。
 厚手のビニール袋を2枚重ねにして、少し大きめのポリバケツの中に
 丸めたボール状のお味噌を勢いよく投げ入れます。勢いよく入れる
 のは空気を抜くためです。全部入れたら手のひらでギュッと抑えて
 さらに空気を抜きます。表面を平らにして、ビニール袋の中の空気を
 抜きながら、ビニール袋の封をとじます。
 
⑧2〜3kgぐらいのおもりをのせます。無ければ、古新聞をまとめたもの
 とかでもいいと思います。そうしたら簡単にふたをして、ふたにお味噌を
 ひっくり返す(ビニール袋の中身を天地さかさまにする)日付けを入れましょう。
 2ヶ月に1回ひっくり返すので、3月に作り始めたら、完成は12月になります。
 お味噌の入ったポリバケツは、冷暗所で保管してください。
 
あとは、月日が経つのを待つだけ・・・。
美味しいお味噌になることを願いましょう♪
 
わたしは、今大豆を水に浸している段階です。
みなさんも試してみてください。
 
“手作り味噌作ったんだ”って言ったら、「出来る人」って思われるかも
しれませんよ!!
 
大井町 エステサロン フローラ
 住所 東京都品川区西品川1-28-15
    TEL 03-6904-2871
    営業時間 13:00〜19:00
    定休日 日曜日

« こころ・・・ | メイン | 店休のご案内 »